モナコイン10万円説の根拠となる計算式公開!

モナコインが普及すると価格が10万円くらいになると一部で言われていますが、どうやって計算するとそのようなことになるのでしょうか?
と、いうことで簡単な計算式を公開してみます。
ちなみにこの計算式は木村の独自のものなので、他の計算式になるかとも当然いらっしゃると思います。

まず普及ということはどうのようなことか定義します。
計算が楽なので、日本国民の約6分の1に当たる、「2000万人がモナコインを日常的に使うこと」します。
この場合の「日常的に使う」はクレジットカード、あるいは電子マネーの代替えで使うことを想定します。

モナコインの発行枚数の定義。モナコイン発行枚数は、最終的に1億強の枚数ですが、今回は現状~近未来の発行数である、6000万枚として計算します。2000万人で6000万枚のモナコインを分けると、1人当たり3monaですよね。3monaの価格がどのくらいならなら日常的に使うことができるでしょうか?
日本人のクレジットカードの平均利用額は5万円強のようです。これの半分ちょっとがモナコインに代替されるとして、1人当たり3万円分のmonaが必要とすると、1mona=1万円の計算式が成り立つわけですね。
普及すると、決済に使う実需を満たす最低価格が1mona=1万円以上になる訳ですね!

これだけでもすごいのですが、資産保全先としての実需を計算してみます。これにはいわゆる「バブル」要素をなるべく排除した計算です。
日本人の1人あたりの平均貯蓄額は1000万円以上といわれています。貯蓄額の5%をmonaで貯蓄したとすると、1人当たり50万円分のmonaが必要になるわけですね。monaでも貯蓄する人=モナコインを日常的に使う人とすると、50万円+3万円=53万円で1人当たり53万円分のmonaが必要になるわけですね。まれでフリ〇ザ様の戦闘力ですね。1人当たり3monaなので、53万円を3monaで分けると、1mona=約17万6666円になります。

あれ? 1mona=10万円を軽く超えてしまいましたw

このままでもいいのですが、せっかくなので計算し直します。
monaで貯蓄する人は、monaを日常的に使う人の半分として計算し直します。
3万円分のmonaが必要な人と53万円分のmonaが必要な人を平均すると、1人当たり、28万円分のmonaが必要になります。
28万円で3monaとすると、1mona=約9万3333円となるわけですね!
とりあえず、それっぽい計算結果が出たので満足です。

ちなみに、「モナの発行枚数を1億枚として、2000万人が1人あたり50万円分のmonaを保有する。」として計算するとぴったり10万円になります。

モナコインメダル MONA COIN (グリーン)

新品価格
¥820から
(2018/6/23 17:09時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)